【お役立ち情報】美白化粧品の選び方と有効性を理解して美容対策

美白美容液の効果による美白の力というのは非常に強力であり、シミが新しく出来てしまうのを予防したり、さらに濃くなってしまうのを抑制することが可能です。
皮膚科におきましてもレーザー治療が終わった後には、シミの再発を防ぐために美白剤を薦めてきます。

 

美白化粧品は、容器に「医薬部外品」「薬用」などと表記されているタイプを選ぶようにしましょう。
これらの表記はその商品の美白効果が厚生労働省に認可されているということを表しているのです。お肌の奥にある真皮のシミや、厚みを持っている角質層のシミは美白化粧品を使用するだけでは薄くすることは出来ません。
肌の表皮に出来てしまったシミは、美白化粧品で薄くすることが出来ます。 残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。



【お役立ち情報】美白化粧品の選び方と有効性を理解して美容対策ブログ:09-8-20

トレーニングしたらお腹が減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
ダイエット理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、トレーニングしたらお腹が減るようにできているのです。

トレーニングによって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
トレーニングで消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好む寿司や寿司といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
トレーニングしてお腹が減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
トレーニングで消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

みなさんは、「トレーニングしだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単にトレーニングしてお腹が減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでお腹回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「お腹が減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなかダイエットできないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。